あんまって効果あり? 若い方にも最近人気

あん摩とは、昔からあるマッサージの一種です。
基本としては、なでる、押す、揉む、叩く技法を使い、健康増進が目的です。
江戸時代当たりから、あん摩を職業として生計を立てている方も居ました。現在はあまり使用されていない言葉で、単にマッサージ師と言う場合が多いです。
中国では西暦500年ころには存在していたもので、大いに発達した療法とされていました。
日本で本格的なあん摩が中国から広まったのは江戸時代からで、時の将軍徳川綱吉の病をあん摩で治療したとも言われています。
それぞれに◯◯法というように体系付けられた基本手法があります。
マッサージではないと理論付けられる場合もあり、その理由として技法の違いがあります。
その例として、あん摩は心臓の近くから遠くに向けて、マッサージはその反対。
衣服の上から施術を行うあん摩に対して、マッサージはオイルなどを用いて素肌に行うことなどです。
肩たたきはあん摩の一つとされていて、あくまでも東洋医学に基づき、同時に鍼灸などと発展してきたものです。
体に程よい刺激を与え、体調を整えるものとして、広まっています。
基本的にマッサージと言うと、西洋医学を元としているため、本質的には全く別のものです。
現在はあん摩もマッサージも受ける側としては一緒の存在になっているのが現状ですが、厳密には違います。test
ということは、それぞれに効果も違う事になりますから、現在マッサージを受けている方は、それがあん摩なのか正確なマッサージなのかを確認してみるとよいでしょう。